過去一年間に亡くなった人に会える山、赤城山地蔵岳

日記

2020.5.8 
5月8日は地蔵岳で過去一年間に亡くなった人に会える日。
連休が明けても全国的に緊急事態宣言が出されたままの今日ですが、どうかお許しください。私達家族にとって、これは不要不急の外出ではありません。
一生に一度しかない大切な日です。

地蔵岳のパンフレット

家族みんなで供養に行きました。

赤城山地蔵岳登山

3歳のユリナを連れて行くことに不安がありましたが、木道で舗装されているところも多いと聞いて家族みんなで行くことにしました。

ユリナは2割ほど自力で歩きましたが、ほぼおんぶ抱っこでした。低山とはいえかなり肝が冷えるところもありました。

ユリナがゆっくり歩くところもありましたが、頂上まで1時間ほどで行けました。歩数にすると3000歩ほどでした。

頂上

頂上パノラマ写真〜大沼方面〜

かなり眺望がよく、とても気持ちの良い頂上です。頂上は広いので少し歩いていろんな方面が見晴らせます。

小沼方面

頂上で少し早いお昼ごはんを食べました。他の登山客はちらほらといった具合でした。

賽の河原で石積み供養

頂上では至るところで石積みがされています。
死者のことを想い石積みすることで供養になるとのことでした。
家族みんなでカズマのことを想いながら、カズマのことを話しながら石積みを行いました。
ユリナは作り終えたあと、他の登山客に「これはカズマなんだよ」と説明してまわっていました。

高く積めて得意げなユリナ

カズマのことを想って名前を呼びました

「死者の名前を呼ぶと空に顔が現れる」とのことで何度もカズマを呼びましたが、カズマの顔を見ることができませんでした。
目を瞑り、カズマの顔を頭に浮かべ、何度も何度もカズマを呼びました。
そして目を開けるとうっすら青空にカズマが見えました。頭に思い浮かべていたカズマの顔が残像のように見えたのだと思います。

雲ひとつない、とても綺麗な青空でした。

カズマー、カズマ大好きだよ、いつもありがとう
カズマに会いたいよ

今日のユリナ

ユリナは3歳にしてはかなり小さく、成長曲線から外れてかなり下回っています。
そんなユリナですが、こんな低山でも抱っこで登るのは危なかったです。
他の登山客の中に背負子を使ってお子さんと登っている方がいましたが、それがないと今後はやめようと誓いました。
来年も5月8日に来たいと思いますが、4歳になれば多少登れるのかな。

登山後小沼で遊ぶユリナ

最近ますますカズマに似てきてるユリナ。
今朝も朝から起きるなり「ウルトラマンちょうだい」と。

ユリナの中にカズマがいきてるようで嬉しい。

スポンサーリンク
日記
スポンサーリンク
ウルトラのパパをフォローする
子ども×親=∞の笑顔 〜4歳の息子が白血病になりました〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました